ほうれい線、もう気になって仕方ないですか?
消したい、なんとかしたいって限界ですか?
それで、ほうれい線を消すコスメをお探しですか?

ほうれい線 消す 化粧品と反省

 

ほうれい線、もう気になって仕方ないですか?

 

消したい、なんとかしたいって限界ですか?

 

それで、ほうれい線を消すコスメをお探しですか?

 

ほうれい線ほど女性の心にシワを付ける顔のシワは外には無いですよね!

 

私も、1日中クライアントさんと笑顔の対応で、嫌なほうれい線が深くなるばかり、、、。

 

憂鬱な気分を、せめてもコラーゲンで解消!ということでホルモンとお酒でドバーッと供給な毎日?

 

でも、ほうれい線って、一度できるとなかなか消えないようです。

 

それは、
・ほうれい線自体がエイジングサインだから
・そこまでにはいろいろな経過があるから

 

ということは、
・もはや自分のお肌が若くはない
・今までの肌ケアが不十分だった
ということになります。

 

もちろん、外へ出ることが多いお仕事なので、それなりにお金も時間もかけてケアしてきたつもり。

 

でも、まだ足りなかったということです。

 

サロンやコスメメーカーさんでは、
・お肌の老化は人によって速度が違う
・環境によってもお手入れの内容を変化させることも大事
そんなことも聞きました。

 

私の場合には、やはりもっとUVケアをすべきだったかなと思います。

 

そうなんです、ほうれい線ができてしまったということは、何かが足りなかったというサインとも取れるということです。

 

ほうれい線 消す 化粧品と対策

とにかく、原因が乾燥肌であれ、紫外線ダメージであれ、できてしまったほうれい線を消す対策をしなければならないですよね。

 

しかも、既にサインとして表に出てしまった現象です。

 

おおもとからしっかりと対策しないことには消えてくれそうにありません。

 

大まかに分けると、
・20代なら環境やお仕事が原因かも
・30代以降ならエイジングサインかも
ということで分けて見て、そこに絞ったコスメを投入することが良いのではと考えられます。

 

私のように外出が多いなら、紫外線によって肌がトラブっているかもしれません。

 

それなら、UVケア成分をしっかりと配合したものが良さそうです。

 

反対に、大きな原因が思い当たらないご家庭の主婦の方などは、エイジングケアを意識した成分が良さそうですよね。

 

でもここで大事なことがある!と教えてもらいました。

 

それは、
・コスメは浸透するものが一番大事
・浸透させる上手なケアが一番大事
ということでした。

 

優れた美容成分でも、浸透力が無いと肌の奥深くまでたっぷりと行きわたらない。

 

同じように、コスメ成分をしっかりと浸透させるケアじゃないと結果が出ない。

 

そんなことです。

 

ほうれい線消すコスメ2つのポイント

なので、ほうれい線をなんとかしようということなら、
・浸透力を高めたコスメ
・浸透力を高めるケア方法
をセットで考えるということになりそうです。

 

じゃあ、どうやってそれを選ぶの?

 

ここからは、私のキャリアスキルでお話しさせてもらいます。

 

今、コスメ界は異業種からの参画がとても多くなっています。

 

それに合わせて、今までにないアプローチで製品が造られています。

 

例えば「ヒト幹細胞コスメ」なんかがそれにあたります。

 

医学の分野から注目されてコスメに使われるようになりました。

 

ノウハウを持った企業がコスメに進出している状況があります。

 

また、これまで医学の分野で研究をしていたドクターや企業が、応用編でコスメを造るようになった。

 

それまで持っていたノウハウ、
・皮膚への浸透させるノウハウ
・他の分野で有効性がある成分をコスメに応用
そんなことが大変盛んになっていますね。

 

今までのコスメは、補給、補完を狙ったものです。
・コラーゲンが足りなければ内から外から補う
・ヒアルロン酸が足りないなら美容液で補う
そんな方法を追求してきました。

 

新しいコスメではさらにプラスして、
・新成分、新発見成分
・浸透力を増す成分
・医学的に肌ケアに優れている成分
アプローチがどんどん多く、深くなっています。

 

これを見逃すのはもったいないです。

 

なので、消えないほうれい線を消すためにも、新たなアプローチで勝負に出るのもあるのかなっていう感じがします。

 

そして、もう一つ大事なことは、このサイトの他の記事でも書かせてもらったのですが、
・お手入れ時のたっぷり感
・お手入れ時のしっとり感
の2つがとっても大事だということです。

 

たっぷり感とは、
・お手入れ時にはたっぷりとコスメを使う

 

しっとり感とは、
・お手入れ時にはお肌をふやけるような状態にすること

 

この2つのセットケアで結果が全然違ってくるということです。

 

なので、ほうれい線のようなやっかいなシワを消そうと思えば、
・しっかりと浸透するようにたっぷりとコスメを惜しまず使う
・ホットタオル、ローションマスクのようなじっくり感のあるケアをする
これが要だということです。

 

この2つの真剣さが結果を左右する(怖い、、、)というお話を、コスメメーカーさんから聞いたんですよね。

 

たっぷり使えて浸透力のあるコスパが良いコスメ、それがほうれい線対策コスメっていうことになるのかな?

 

ほうれい線 消す 化粧品 選ぶならこのコスメ!

これまでお話ししてきたことをベースにして選択肢を考えて見ると、どうなるでしょうか?

 

正直、有名メーカーさんのいわゆるデパコスの高〜いコスメを選べば良いとは思います。

 

なぜなら、「それで消えなければアキラメがつくから」ですね。

 

でも、それなら、多くの女性がネット検索を彷徨うことはないハズですよね。

 

そこでおすすめしたいのが、お話しした新しいアプローチのコスメです。

 

医療の分野から進出しているコスメで人気があるものとしては、
・ビーグレン
・アスタリフト
があります。

 

b.glen

 

ほうれい線 消す 化粧品

 

ビーグレンは、深刻なエイジングサインをケアできるコスメです。

 

開発しているのは、浸透力の専門家ということで、まさに2つの条件にぴったりなコスメです。

 

ハッキリした年齢サイン(ほうれい線などの深いサイン)から嫌な小ジワまでをしっかりフォローしてくれます。

 

 

>> シワ・たるみを消す サイエンスコスメb.glen

 

 

ASTALIFT

 

 

一方、アスタリフトも、医療機器に進出していた富士フィルムが開発した浸透力の高いコスメラインです。

 

派手さは無いものの、グループには医薬品メーカーもあって、技術力はもう凄いメーカーさん。

 

なので、お肌ケアにもとても信頼度が高いのが良いですね。

 

コスメによる肌トラブルは少なからずあるものです。

 

敏感な女性は選ぶのも苦労していますよね。

 

だからこそ、安心なメーカーさんを選びたいです。

 

 

>> 松田聖子さんも納得!フジフイルムのスキンケア化粧品アスタリフト

 

 

FANCL

 

 

もう一つは、ファンケルさんのビューティーブーケです。

 

日本女性の肌を考えた成分の「お米」由来の成分がとても好評です。

 

特に、年齢肌な年代、40代以降の女性のほうれい線にはとてもおすすめなコスメです。

 

分厚くなってしまった乾燥肌にもしっかりと対応してくれるところが期待感大なコスメ。

 

まさに、エイジングケアのためのコスメです。

 

 

>> FANCLの肌ハリつや実感コスメ

 

 

 

そして、この3つのコスメにはとっても大事な共通点があります。

 

・安価なお試しコースがあること
・割引があるコース設定があること
・返金保証又は自由解約があること

 

これなら最初の一歩を踏み出しやすいのではないでしょうか?

 

今ほうれい線を消そうと思ったその時、不安なく期待できるコスメを試してみることができる。

 

この3つのコスメはそんな女性にベストマッチングだと思います。

 

新成分、浸透力、ユーザ本位のお試し設定。

 

ほうれい線 消す 化粧品をお探しなら、選んでみて損はないと思います。

 

ただし、販売条件は変りますから、お得度も変化します。

 

急がば回れはコスメでは×、急げば得するというのが正しいかな(^^)

 

 

TOPへ